ついに始動! 古民家の大掃除 その1

古民家のこれまでの経緯はこちらをご覧ください。

古民家民宿への道! 事態が急展開した話
古民家民宿への道! その2  持ち主さんとお会いした話
古民家民宿への道! その3 奇跡が起きた話

さて、3月頭に不動産登記の手続きが完了した古民家やけど、
いつでも入れる状態になった我が家なのに、この1か月ほとんど入らないまま過ごしていました。

農繁期に入って忙しかったから。
いや、それは言い訳で笑。

古民家の様子を見るたびに、これからやってくるであろう片付けやリフォームの重たさを目の当たりにしてしまうので、どことなく足を運ばないようにしていました。

このままではマジでヤバイ。。。
これから農繁期でますます忙しくなるばかりやから、何もしないまま気づいたら秋になってるかもしらん。


でも動き出せば絶対ちょっとずつ進むし、どんどん楽しくなってくるのは経験から分かってるから、無理にでもまず片付けの日程を決めとこうと話し合い、毎月2回、土曜日を片付ける日に設定しました。

その第1回目が先日の3日。
ついに片付けを開始しました。

正面から。前庭が広くて気持ちいい。
裏側。裏には畑と果樹畑が繋がっている。
台所。昔の面影が残っている。
奥の部屋。前の持ち主さんが荷物を纏めていて下さっている。
玄関の書棚。前の持ち主さんは読書家の方で本がいっぱい。
囲炉裏。畳はボロボロ。。。
こはるは、おもちゃや飾りを見つけて楽しんでいた。
北部屋。窓が多くて明るい。
この日で出た荷物だけでも、軽トラ2杯分。

家の間取りはいわゆる昔の田の字型で、広い玄関、台所、北部屋、それから田の字型の4部屋、トイレ、風呂、それと前後に縁側があります。

窓が多いので全体的に明るく、梁や柱も太くて、なかなか老朽化してるけど直せばかなり気持ちいい空間になると確信してます!
(これまでの欠掛不動産による、家の調査活動がかなり役に立っている。)

裏庭からの景色も良くて、実は知らんかったけど裏には桜の木が何本もあって、この時期には花見をしても気持ちよさそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました